ここが凄い。再生可能エネルギー!

一度設置すれば太陽光は毎日降り注いでくれる

再生可能エネルギーという名前を聞いたことがある人ならば、自然エネルギーではなく何故再生可能エネルギーという名称なのか疑問に思う人もいるでしょう。太陽光発電に投資して、実際に始めてみることでようやく意味を理解出来るようになりました。事業を行なう際には、常に仕入れと経費を掛けて売上を得ます。しかし、太陽光発電では、一度太陽光発電パネルを設置すればメンテナンスのみを行っていれば良いわけです。
太陽光発電の源となるエネルギー源は太陽光ですから、余程厚い雲に覆われて雪や雷雨にならない限りは昼間は発電を続けてくれます。原料を仕入れること無く、延々と毎日降り注ぐ太陽光からの恵みを電気に変えて行けば良いわけですから、まさに再生可能エネルギーと言えます。

最初の初期投資と維持管理は計画的に行いたい

太陽光発電パネルを設置する際には、用地の確保と投資計画を綿密に立てる必要があります。太陽光発電パネル自体は耐久性が高いですが、パワーコンディショナーについては、半導体を用いているので管理状況によっては故障が有り得ます。6年から8年程度で定期的に交換する部品でもあるので、維持管理費についても投資計画にしっかりと入れておく必要があるでしょう。
太陽光発電を継続していると、清掃や点検を行っていても突発的な故障トラブルが発生します。一度故障した設備区画は、修理をしない限り発電を行なうことは無いので、トラブル対応時にいかに迅速かつ低コストで修理出来るかが生産性の鍵となります。メンテナンス会社に依頼して技術者の派遣が必要となるトラブルと、自分で現場に行き対処可能なトラブルの区別を行えるようにモニタリング体制を万全にしておくことが大切です。

© Copyright Electricity Storage. All Rights Reserved.